料金・利用・運営案内

料金・利用・運営案内

料金案内

USAGE FEE

使用希望日の1年前からのお申込みが可能です

※料金は税抜き金額です

新都市ホールのご利用には、会場使用料と付帯設備使用料が必要です。

新都市ホール使用料=会場使用料+付帯設備使用料

新都市ホール料金表

使用時間 平日 土日祝
会場使用料

基本使用料 ※1 ※3

9:00~21:00

開催日 ¥600,000 ¥700,000

準備・

撤去日

¥300,000 ¥350,000

時間外使用料 ※1

7:00~9:00

1時間あたり

¥50,000

1時間あたり

¥60,000

21:00~23:00

ミーティングルームA

使用料 ※1 ※2

会場使用時間内で使用可

1日につき¥36,000

※1.会場使用料(基本使用料・時間外使用料・ミーティングA使用料)は事前にお支払いください。

※2.ミーティングAを使用する場合は、予約時にお申込ください。予約時以降のお申込の場合、お受け出来ないことをご了承ください。

※3.利用日から3ヶ月以内の申込の場合、直前割引として基本使用料が50%OFFとなります。

直前割引を適用する場合、ミーティングAのご使用をお受け出来ないことをご了承ください。

・使用時間には準備、撤去の時間を含みます。

・催事の開催時間はそごう横浜店の営業時間(10:00~20:00)内を基本にお考えください。

・使用時間は、「使用契約書」提出時に確定してください。

・物販を主目的とする催事で使用のときは、基本使用料金が50%増しとなります。

・準備日(撤去日を含む)は、1開催につき2日間まで使用できます。

・23:00から翌日の7:00までは、横浜新都市ビル内に立ち入ることはできません。

・時間外使用料は、30分未満は半額、30分をこえると1時間料金となります。

・キャンセル規定は「新都市ホール使用規則」をご覧ください。

使用料金に含まれないもの

照明・音響技術料(オペレーター料)・会場設営料(舞台設営、看板作製料など)・特別清掃料・警備員配置料

ホール使用料・付帯設備料金等のお支払いについて

各料金に消費税額を合算して請求します。

支払方法 銀行振込(振込み手数料をご負担ください)

※この料金表は予告なく変更する場合がございます

使用規則

USAGE RULES

施設の利用をご検討の方へ

新都市ホールを使用する際の規則をご案内いたします。

1.使用申込みの受付期間

原則として使用希望日の1 年前の同日からお受けいたします。

都合により、ご予約をお受け出来ない場合があります。

2.使用申込の受付時間

平日の10:00 から18:00 まで、お電話または、横浜新都市ビル9F 管理事務所でお受けいたします。

(電話番号:045-465-2001)

3.使用申込の方法・仮押さえ成立・契約成立について

①空き状況を電話にてお問い合わせください。

②「新都市ホールお問合せ票」に所定事項を記入し、お問合せ日より2 日以内に当ホールへFAX送信してください。
※送信後、必ずFAXの到着を確認するお電話をお願いいたします。
※仮押え申込は、1 催事につき3 日程までとします。

③「新都市ホールお問合せ票」の受理後、当社で催事の内容を確認し、5 日以内に新都市ホール仮押さえ承諾のご連絡をいたします。【仮押さえ成立】

④仮押さえ期限(お問い合わせ日から14 日後)までに、使用・不使用を当社担当にご連絡下さい。

⑤ご連絡後、「新都市ホール使用契約書」を発行しますので、所定事項を記入し、14 日以内に原本をご郵送または
ご持参下さい。【契約成立】※各期日までにご連絡が無い場合は、無効とさせていただきます。
※契約成立後のキャンセルは、所定のキャンセル料をお支払いいただきます。

4.使用料のお支払い

会場使用料(基本使用料・時間外使用料・ミーティングルームA 使用料)は事前に全額をお支払いください。
「新都市ホール使用契約書」提出いただいた後(契約成立後)、請求書を発行しますので、記載された期日までに銀行振込によりお支払いください。恐れ入りますが、振込手数料はご負担下さい。期日までにお支払いが無い場合はキャンセルとなり、キャンセル料をお支払いいただきますのでご注意ください。

5.物販を目的とした使用について

物販を主目的とする催事の場合、開催日の基本使用料が50%増しとなります。
(平日¥900,000- 土日祝¥1,050,000-)
※準備日・撤去日は50%増しとはなりません。

6.使用のキャンセル

契約成立後のキャンセルまたは日程の変更等の場合は、次のキャンセル料を申し受けます。
・契約成立日から使用日の3 ヶ月前までのキャンセル 会場使用料の50%
・使用日の3 ヶ月前の日から使用日までのキャンセル 会場使用料の全額
例)1 月1 日に使用する場合、10 月1 日からキャンセル料は全額となります。
※キャンセルまたは日程の変更等は書面によりお申し出ください。電話によるキャンセルはお受けいたしかねます。

7.使用不承諾・取り消し

次の場合は、使用の不承諾、または承諾を取消すことがあります。承諾の取消により主催者が損害を受けた場合でも、当方は如何なる責任も負いません。
・認められた使用の権利を第三者へ譲渡または貸与したとき。
・新都市ホール、横浜新都市ビル(そごう横浜店)及びその周辺における秩序を乱す、または公益を害するおそれがあると認められるとき。
・暴力団等反社会的勢力の利益になると認められるとき。
・施設及び設備を損傷するおそれがあると認められるとき。
・新都市ホールの使用規則及び法令に違反するおそれがあると認められるとき。
・新都市ホールが承諾した使用目的若しくは内容に違反したとき。
・その他、新都市ホールの管理上支障があると認められるとき。

8.不可抗力による使用中止

不測の事故、天災などの不可抗力の事態発生により、ホールの使用が困難になった場合、会場使用料は返金いたしますが、承諾の取消により主催者が損害を受けた場合でも、当方は如何なる責任も負いません。

9.使用時間

催事の開催時間はそごう横浜店の営業時間(10:00~20:00)内とさせていただきます。

11.防災管理者への届出

安全管理のため、全ての催事において当ビル防火管理者への届出が必要です。会場図面に非常口、消火器、消火栓の位置、造作物の仕様・避難通路幅を明記の上「消防活動人員任務分担表」と共にご使用日の10 日前までにホール管理事務所にご提出ください。

12.関係諸官庁への届出

ホールの主たる用途以外の特別な催事については、消防署への「催物開催届」が必要となる場合があります。なお、当ホp>ールでは裸火の使用や危険物の持ち込み等は禁止です。但し、所轄の消防署へ「禁止行為解除申請」を提出する事で使用可能となる場合がございますので、詳しくはホール係員にお問合せください。消防署への申請は開催日の10 日前までに終了させてください。

・管轄消防署 横浜市西消防署 横浜市西区戸部本町20-11 TEL 045-313-0119

その他 使用内容によっては次の関係諸官庁に届出が必要となる場合があります。
・神奈川県戸部警察署 神奈川県横浜市西区戸部本町50-6 TEL 045-324-0110
・横浜市保健所 横浜市中区港町1-1 TEL 045-671-4182
・日本音楽著作権協会(JASRAC) http://www.jasrac.or.jp/ 等

13.事前の打合せ

催事を円滑に進行させるため、必ず新都市ホール係員と事前に打合せを行い、開催日10 日前までに全ての打ち合わせを完了させてください。打合せの際には展示物配置図・施工図面(平面図・立面図)、電気配線図、搬入・搬出計画及びその他必要書類をご持参ください。なお、図面作成の際は会場設営準則及び消防法等による制約がありますので、事前にホール係員にご相談ください。

14.入退館

関係者の入退館は横浜新都市ビルの搬入口からお願いします。なお、ホール使用時間以前には搬入用エレベーターのセキュリティシステムが稼働しており、横浜新都市ビル内に立ち入ることはできません。

15.横浜新都市ビル1 階荷捌所からの搬入、搬出について

・荷捌所より9 階専用搬入エレベーター(E-5 号機)を使用し、行ってください。
※E-5 号機 W2045mm×D2400mm×H2700 最大積載量2.5t

・上記エレベーターに収まらない長尺物等の搬入・搬出がある場合は必ず事前にご相談ください。
・そごう横浜店内の客用エレベーター・エスカレーターでの搬入・搬出はできません。
・駐車スペース、エレベーター等の利用は、事前にホール係員にご相談ください。
・荷捌所内では警備員の指示に従い、指定場所以外への駐車及び物品の放置をしないでください。
・他のフロアおよび立ち入り禁止場所には絶対に立ち入らないでください。
・荷捌所内の駐車スペースは、事前に申請のうえワゴン車で4 台分まで利用可能です。
・23:00~翌日の7:00 までは駐車はできません。
・車両や重量物、特殊器具等の搬入がある場合には、事前に詳細をお知らせください。
・持込器具や展示物は使用者側で管理してください。
・搬入、搬出車両が多数となる場合は、横浜新都市ビル1 階荷捌所周辺の交通整理を行う警備員の配置をしてください。なお、警備員などの手配に係わる費用は主催者側でご負担いただきます。

16.設備の操作・設営・撤去について

・格子バトンの昇降、分割パテーションおよびロールバックチェアの設置・撤去はホール係員が行います。
・ 新都市ホールは、平土間を基本形態とし、備品は当ホール側では運搬設置はいたしません。倉庫からの運び出し・
配置・片付けを含めて使用者(主催者)で行ってください。
・設営については「会場設営準則」に従ってください。使用終了後は清掃も含めて原状回復してください。
・ 一部の付帯備品(ユニットステージ、舞台幕、照明、音響、映像機材等)の設営、操作、撤去については安全管理上、会場指定業者(株式会社クラフト)による作業を基本としますが、止むを得ず他業者を使用する場合は、事前に会場係員との綿密な打ち合わせを行ってください。(指定業者に作業を依頼した場合は別途人件費が必要になります)
《指定業者》
・会場設営、照明・音響・映像オペレーション人件手配 株式会社クラフト(会場技術職員が受付窓口となります)

17.電源の使用及び電気工事について

・ホール内の分電盤を使用し電気工事を行なう場合は、事前に「電気工事及び電気使用届出書」に必要事項を記入し、電気図面と一緒にホール管理事務所にご提出ください。

18.インターネットの使用について

インターネットの使用がある場合は、あらかじめホール係員と打ち合わせのうえ、「インターネット接続サービス使用規則」に従ってください。
・ホール、ロビー、控室内で有線LAN がご使用になれます(要申請・有料)。
・PC 端末およびLAN ケーブルはお持ち込みください。
※持込まれたPC 端末等の設定は、主催者が行ってください。

19.使用制限

・ホール外及び上下階など他のフロアへの音漏れや振動等を発する恐れのある場合には、音量、実施内容など制限させていただく場合がありますので、予めご了承ください。(例:ロックコンサート等)
※なお、下記の利用目的での使用はお断りしております。
「自動車の展示」「太鼓の演奏」「格闘技」

20.飲食

ホール内での飲食は、原則禁止です。
飲食(パーティー等)を目的としたご利用については、お問合せ時にホール係員にご相談ください。
当ホールでは、指定業者制を採用しておりますので、飲食サービスをお考えの場合はご用命ください。
外部業者をご利用の場合は、飲食料金合計金額の50%を持込料としてご負担頂きます。

《指定業者》
・ケータリングサービス 株式会社常盤軒フーズ Tel.03-3730-4700 Fax.03-3730-4733
・お弁当配達サービス 株式会社常盤軒フーズ Tel.03-3730-4700 Fax.03-3730-4733、株式会社崎陽軒 Tel.0120-938-029 Fax.045-451-6932

21.喫煙について

ホール内はバックヤード・関係者控室を含め全館禁煙です。

22.貼紙、釘打ち等

所定の場所以外の壁、柱、扉等にポスター・看板、旗、懸垂幕その他これに類するものの貼付け、文字の記入、釘類を打つなどの行為は、禁止です。サインスタンド等をご使用ください。

24.寄付金の募集等

募金・寄付金の募集については禁止です。

25.清掃

催事終了後は、主催者が清掃し、ゴミは全てお持ち帰りください。
ゴミ処理をご希望される場合は、専門業者をご紹介します(有料)。

26.特別清掃費、警備費

特別に清掃が必要な場合及び特別に警備要員等が必要な場合は、ホール係員にご相談ください。
専門業者をご紹介いたします。

27.駐車場について

当ホール専用の駐車場はございません。横浜駅東口地下駐車場(有料)をご利用ください。
※事前申請により、横浜駅東口地下駐車場の駐車券(有料)の発行が可能です。詳しくはホール係員にお問合せください。
※地下駐車場の割引サービスは行っておりません。
※大型車、バス等の駐車場は近隣にはございません。

28.事故、盗難について

貴重品等の管理は、全て主催者で行ってください。またホール使用中の盗難・事故等について、当社は如何なる責も負いません。
※楽屋前通路に主催者用のロッカーを設置しておりますので、ご利用ください。

29.安全管理の義務

・主催者は、事故等が生ずる事の無い様、安全管理を行ってください。
・使用期間中、責任者の方は必ず会場に常駐し、すぐに連絡のとれる体制をとって下さい。
・主催者は、事前に火災報知器、屋内消火栓、消火器、非常口の位置を確認し、適切な防災管理を行ってください。
・裸火使用、危険物の持ち込みは禁止です。万が一、持ち込む場合は、禁止行為解除申請を所轄消防署に提出する必要があります。提出する書類・図面等は、あらかじめホール係員の承認を得たうえで主催者が消防署に提出し、許可を受けてください。

30.注意事項、その他

・安全管理上、ホール係員がホール内に立ち入ることがあります。予めご了承ください。
・ホール内での事故防止や安全確保及び運営人員確保は使用者側で責任をもって行ってください。
・警察や救急車の要請が必要な場合や、要請をした場合は必ずホール管理事務所にお知らせください。
・催事当日に展示物、什器、装飾、客席等の配置を変更する事は出来ません。
・ホール外通路、横浜新都市ビルや9 階フロアで来場者の整列や集合等は、他の施設へのご迷惑となるため原則禁止です。
・宅配等荷物の受取に伴う中身の紛失、破損事故については、当社では一切の責を負いません。
・定員(1248 名)を超える入場はできません。

※本規則は予告なく変更する場合もございますのでご了承ください。(2019 年9 月版)

会場設営準則

SETTING RULES

施設設営に関するご案内

新都市ホールの会場を設営する際の準則をご案内いたします。

会場設営準則

会場内の全ての非常口、消火栓、防火扉、排煙口起動弁等の消火設備は塞がないこと。

客席、造作物間には必ず2方向以上の避難通路を設けること。

展示会等の場合、幅1800mm以上の主要避難通路幅及び幅1200mm以上の補助避難通路を確保すること。

客席設営で椅子を使用する場合、横方向で連結し、床に固定し800mm幅以上の通路を設けること。

客席と外周壁面との間は必ず1000mm以上の通路を設けること。

施工材料(パネル、ベニヤ、布、床材など)は防炎加工済みのものを使用し、証票を表示すること。

パネルなどでホール・ロビー内を仕切る場合、天井より500mm以上の空間を設けること。

造作物により非常口表示を隠さないこと。隠れる場合は仮設の非常口表示灯を設けること。

消火設備、非常口前、防火扉への造作は行わないこと。

造作物による仮設天井の施行は行わないこと。(スプリンクラー散水障害)

防火管理者及び消防署承認後に客席や造作物および什器等の配置は変更しないこと。

電気工事は専門の資格を持った作業員が行い、二次側に必ず漏電ブレーカーを設けること。

所定の場所以外での、壁面及び床面に対しての釘の打ちつけやガムテープ・両面テープなどテープ類の貼付けは行わないこと。

注意事項

搬入・搬出の際や設営・撤去時に展示物・什器・持込機器・施工資材等で当ビルの施設・設備等を損傷しないよう十分に注意し作業してください。場合によっては床・壁等を養生してください。

設営・撤去の際に出ましたゴミは全てお持ち帰りください。

テーブル・椅子などホール付帯備品は、ご使用が終わりましたら所定の場所に戻してください。

重量物や長尺物の持込は、重量や大きさ、設置方法等に制限がありますので、事前にホール係員にご相談ください。

昇降式格子バトンの昇降作業中は危険ですので、ホール係員の指示に従い作業してください。

安全管理上、ホール係員が指示を出す事がありますので指示に従ってください。

使用期間中は、適切な事故防止に努めてください。

※本準則は予告なく変更する場合もございますので、予めご了承ください。

(2019年10月版)

資料ダウンロード

DOWNLOAD

新都市ホールの各種資料ダウンロード

各種資料をPDFファイルにて配布しております。